HOME >> 段ボールとネコの関係 >> ダンボールの香り

ダンボールの香り

よく猫がダンボールを好むというのは皆さんも知っていることかと思われますが、それらはその箱の暖かさや、中に入れる心地よさなどがいいと思われているようです。

ですがそんな猫に好かれるダンボールで作られた爪とぎなどというのは、箱としての役割を持っているわけではないと思いますから、別に中に入るだとか言う意味で好かれているわけではないでしょう。

本能的にそれらを爪とぎとして利用する猫も居るとは思いますが、それらを好いてもらうためによく利用されるのが、猫の好物であるマタタビというものです。

マタタビをどう利用するのかというと、それらを粉末状にしたものなどを、その爪とぎに振り掛けるのです。

そうする事で、猫はその爪とぎにより興味を持ち、近づく事になるでしょう。

ダンボールそのものにも独特の匂いというものはあると思いますが、それは少し古臭い匂いであったりするだけで、そこまでキツく匂いが強いわけではないはずです。

そして別にそれらを動物が好むわけではないと思うので、香りの点での工夫はそういう風に変えていかなけれならないのです。

動物の好む香り、そして逆に言えば苦手な香りというものもあります。

それらを考えて、ペットなどの傍に置くものには、香りなんかも意識してみる事をお勧めします。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。