HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 猫の爪とぎ

猫の爪とぎ

ダンボールの断面図というのは、波状になったクラフトが挟んであって穴のようなものが見えると思います。

そういう所に猫は爪を引っ掛けて、爪とぎをする事もあるだとか。

猫を飼っている人ならば結構目にした事もあると思いますが、市販されている猫の爪とぎというのは、それらの断面図に似たようなものが並んでいるものを利用しているのが多いようです。

クラフト紙から出来ていますから、ぼろぼろになって周りを散らかしてしまう事もあるというのが注意点になるでしょう。

使い古されればあとは単に燃えるゴミへと片付ければ良いだけですが、猫には必ずしも爪とぎというのが必要なのでしょうか?

飼い猫の場合には、飼い主が猫の爪を切ってあげるという事があるかもしれませんが、野良猫を含め普通は自分で爪を切ることは出来ません。

なのに爪をといでどうするのか、そう疑問に浮かぶ人も居るでしょう。

ですがただ爪を伸びっぱなしにしていると、猫も爪を仕舞ったりしなければなりませんし、何かと邪魔になったり割れてしまったりという事が見られます。

なので時にはとぐ必要があったり、周りを引っかいて調節したりする事もあるようです。

他にもストレス発散などにもなりますから、もしも猫を買い始めたときは用意してあげるといいと思います。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。