HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 歯痒さを解消する

歯痒さを解消する

猫のような動物というのは、歯が痒くなったところで自分でどうにかする事は難しいと思います。

そういう動物たちというのは、歯痒いときにダンボールなどの物を噛んでその痒さを解消するという事をするようです。

もちろんダンボールなどには限らないのですが、結構そういう物を齧る癖のある猫も居るようで、中に入るかなと思って放置していたダンボールなどを齧りぼろぼろにし始めるという子も居るものです。

なのでそういう噛み癖のある子にはあまりダンボールを与えることは難しいかもしれません。

どうしてもぼろぼろにされてしまい、散らかってしまうという場合もあります。

猫にとってはストレスの解消などにもなると思うので利点になるのかもしれませんが、流石に毎回部屋を散らかされるのでは敵いません。

そういう場合には、やはり普通の布記事などで出来たペット用具などを購入すると良いと思います。

やはり猫にも性格というものもありますから、全ての猫に同じものが通用するとは限りません。

習性を利用したものを使ったとしても、それが効かない子も居るという事を忘れないでください。

その場その場、相手に応じて環境を整えてあげるという事が必要になるのではないでしょうか。

子供と同じように、育てていくのには環境を整えていくことが重要です。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。