HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 自分の身体より小さなダンボール

自分の身体より小さなダンボール

ダンボールが好きな猫というのは多いもので、そういう箱に入って眠ったり遊んだりというのをよく見かけると思います。

そんな猫というのは狭い場所が好きなので、例え自分の身体よりもサイズの小さいダンボールであろうと、それらに入ろうとする子も居る事でしょう。

確かに大きめの箱などに身体を収める子も居るとは思いますが、小さいからこそ落ち着くという子も居るはずです。

なのでもしも猫を飼っている方なんかは、ぜひそういう猫に一つダンボールを準備してあげては如何でしょうか。

最近ではインターネットでの買い物をする人も増えてきていると思いますので、それらを利用した際に荷物を梱包するのに使われて居たものなどを利用していくのもありだと思います。

どういった形であれ、皆さんの身近にダンボールという物は存在するはずです。

それらを上手く使って、自分の飼い猫が楽しめるようなものを作ってみるのも面白いものです。

箱としてその場に蓋を開けて置いておく、ただそれだけでも中に入って楽しんでいる猫というのも居るものですが、ちょっと手を加えて何かを作ってあげるのも良いものです。

人にとっては不要な物だと判断してしまいがちなダンボールであっても、それらを好む動物が居るという事を思い出したら、それらを利用して楽しめるものを作ってみましょう。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。