HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 段ボールと子供

段ボールと子供

我が家の子供は段ボール遊びが大好きだ。やんちゃ盛りの5歳の男の子。今日も段ボールのおもちゃで遊んでいる。遊び相手は3歳の妹と、私、つまり飼い猫のリリィだ。段ボールは何にでも化ける、ミニカー、ヒーローの持っている特殊拳銃や刀といった男の子の好きなものから、机やちっちゃなお家まで、実にたくさんのものができる。昨日はお父さんの久しぶりのお休みで、二人で拳銃を作って遊んでいたっけ。いつものは絵を貼り付けた段ボールをカッターナイフで切って作っている。思うように作れないのだが、きれいな絵を這ってあるので、それなりにヒーローになりきっている。悪役はいつも私だ。とはいえ、いたずら者の何とかという小悪人らしい。走り回っているだけで喜んでいる。
でも、今日は弾の飛ばせる銃らしい。いらないことは教えないで欲しいな。タマを当てられるのはこっちだぞ。段ボール、割り箸、それに太めの輪ゴムを使って作る。この銃の弾はキッチンペーパーを水で浸し、丸めたもの。これなら当たっても痛くないか。できあがった銃は形は不格好だが、実際にタマが飛ぶので子供には楽しい遊びだ。的は段ボールで作ったキャラクター。お父さんは人に当てないよう注意している。しつけも行き届いてこれで安心だ。なかなか的には当たらないが、それでも5発に1発くらいは的が倒れるようになった。しばらくはこれで遊ぶことになるだろう。妹はまだ小さいが、キャラクターの人形をせっせと作っている。こわいキャラのはずが、彼女にかかってはかわいいキャラになっている。何ともほほえましい。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。