HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 段ボールの色

段ボールの色

段ボールの色は決まっていると思ってはいないだろうか。いわゆる薄いウンチ色だ。ネコである私はそう思っていた。前の私のハウスもそうだったし、エサを入れてくれる皿のようなものもそうだった。見ているまわりのものはみんなそんな色だ。ところが、先日、新しく買ってくれたマイ・ハウスは、カラフルだ。特に屋根の色は鮮やかなオレンジ色。暖かな色が好きな私の好みを理解してくれたのだろうか。それにあわせて黄色い壁もお気に入りだ。入り口の所は小さなここのお嬢ちゃんがペイントしてくれた。私の絵が描かれている。ちょっとひげが長生きもするが、なかなかかわいい。
そういえば、この前、静岡のお土産で買ってきていたミカンの化粧箱もきれいだったな。ミカン畑の写真が印刷されていた。私は連れて行ってもらっていないが、今度はぜひ連れて行って欲しいとも思う。段ボールといえども、本当はカラフルな色をつけることができるのだな。私のご主人の家に散らかっている段ボールの空き箱がたまたまウンチ色だっただけなのだろう。タダのものだからといろんな所に使っているので、身の回りに目立ってしまっているのだ。もっとも、新しい段ボールを使うほど大事なところに使っている事はほとんどないのだが、お客さんによく見える所に無造作に使ってあるのはどうかな。ネコながら恥ずかしく思うときがある。ちょっとくらい工夫したらどうなんだ。お隣からいただいたお菓子の包みなんかはおしゃれだったから、それを段ボールに張り付けるだけでも目隠しにはなるだろうに。ネコの知恵は参考にならないか。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。