HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 段ボールとおもちゃ

段ボールとおもちゃ

段ボールは遊ぶのにもちょうどいい。僕たち猫は放っておくと爪が伸びる。自然の中で生きていた時代は、エサとなる獲物をとるのに鋭い爪は欠かせない。でも、人間に飼われ、ペットフードとやらを与えられている私たちには、どちらでもいい。むしろ爪が伸びない方が主人にしかられないだけ嬉しいのだ。我が家でも柱などに傷がつくと言われ、段ボールでできた爪研ぎ機なるものを与えられた。ざらざらの段ボールは、昔、おじいちゃんから話に聞いていた、洗濯板に近い形のもの。何でも段ボールに特殊コーティングが施してあり、かきクズが飛びにくいのだそうだ。プラスチックのケースに組み込まれていて、ざらざら感がなくなってくると、取り替えてくれる。麻を原料に使ったものがあるが、どうも個々とがよくなかった。最初のひとかきの感触が何ともいえなくよい。これで爪が伸びすぎず、ご主人に怒られることがないなら、こんなに嬉しいことはない。これを発案したひとはエライ!
もう一つ、段ボールの遊び道具がある。ここの4歳の男の子のためにお母さんが作ってくれた段ボールタワーだ。段ボールと割り箸で作られたスロープを小さなゴム製の球が転がっていく。スロープは右から左、左から右と階段状になっていて、見ていても面白い。僕もこの球に乗って一緒に転がり落ちたい気分。でも、実際にのっかれば壊れてしまうのだろうな。お母さんは、僕のために特別小さなスロープを作ってくれた。今はこれで遊んでいる。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。