HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 穴を開けてみよう

穴を開けてみよう

猫にダンボールを与える時は、ダンボールの側面に穴を開けて外が見える様にしてあげてはいかがでしょう。

ダンボールの側面に穴を開けると、まるで窓みたいになって、猫がそこから顔を出すことが出来る様になりますよね。

小さめの穴だとそこから外の様子を伺う様になりますが、大きい穴だと出入りもできて、どこからも自由に出たり入ったりできて楽しいのではないかと思います。

ダンボールに穴を開けるというのはとても単純なおもちゃになりますが、猫にとってはこれがこの上なく面白いんですよね。

インターネットに上がっている動画でも、猫がダンボールで遊んでいる楽しそうな様子を撮影したものがたくさん上がっていて、ダンボールと猫の相性の良さを伺うことができます。

もちろん、ダンボールをそのまま与えても良いですが、穴を開けたり、底にガムテープを貼るかトンネル状にするか工夫したりするだけでも面白いおもちゃになると思います。

穴は誰でもできる工夫ですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。