HOME >> 段ボールとネコの関係 >> 広がる用途

広がる用途

以前は「物をしまう」「片付ける」「収納する」と言うイメージが強かった段ボールですが、近年はそれだけに留まらない使われ方をされていることも多いですね。

子供のおもちゃとして、またディスプレイのベースとして、家具として、今は色々な形の段ボールを見ることができる様になっており、それをひとつひとつ調べてみると膨大な数になります。

段ボールの使用用途は年月が経過するごとに広がっており、その使い勝手の良さやリサイクルされる確立の高さなども知られる様になってきました。

ただの箱だった段ボールが、地球環境を助け、エコの役に立つものだという認識が高まってきたのです。

そんな段ボール、今は「猫などのペットの道具」として使用されることも増加しているそうで、その使い方も注目の的となっています。

動画などでも、猫の住処として段ボールが利用されている様子をよく見る様になってきましたよね。

ここでは、猫が大好きな段ボールと、その広がる可能性について記述してみたいと思います。

「猫のおもちゃ」「住処」と使用される事が多くなってきているダンボールですが、そのことについてお話する前に、「ダンボールが現在どんな風に使われているのか」をお話しておかなければなりません。

「便利な紙製の箱」という印象が強かったダンボールですが、近年はその常識を覆すような商品に利用されることも増え、多くの場所でその姿を見かける様になりました。

例えば、ダンボールの強度と軽さを利用して「家具」として使用されることは当たり前ですし、子供のおもちゃとして使われることも珍しいことでは無くなってきているのです。

どうして身の回りにこんなにダンボール製品が増えたのか、それはダンボールがリサイクル商品として高い可能性を秘めていることと、「加工のしやすさ」が大きな理由となっているそうです。

リサイクルに繋げることができるダンボールを多くの場所で使用することで、地球に優しい生活をすることができるというメリットが認知されつつあるのでしょう。

また、ダンボールを通してエコやリサイクルの大切さについて知ってもらうことができるというメリットもありますよね。

今後、「ダンボールの用途は広がっていく可能性が高い」と言われるのも納得です。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。