HOME >> 段ボールを着たねこ >> 人とねこ

人とねこ

人とねこ

カワイイペットと一緒だと、どうしても甘やかせて育ててしまいがちです。

しかし、人とネコが同じ生活環境の中で暮らして行くのには、ルールが必要になります。

まして言葉が通じないのですから、根気良くしつけをしていかなくてはいけません。

トイレの好みはネコの個体差あり好みに合わせて用意しよう。

猫は決まった場所で排泄をする習慣があるので、トイレもすぐに覚えます。

ただ、トイレの好みがうるさい場合もあるので、砂、形、場所などに注意してください。

フード付きトイレが好きな猫もいれば、嫌いな猫もいます。

人が頻繁に歩く廊下、他の猫の縄張り、食事の場所のそばは避け、トイレの数は「猫の数+1」用意します。

栄養のバランスに気をつけ肥満にさせないことが大切です。

ネコに必要な栄養素はタンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルなど。

魚だけ、肉だけの食事でなく、栄養のバランスを考えて、総合栄養食という表示のあるキャットフードを与えましょう。

食事の際には新鮮な水も用意しておきましょう。

ネコにとって毛の手入れ=グルーミングはあなたとねことのスキンシップを取る上でも大切な行為です。

猫が自分自身で行うセルフグルーミングは毛並みを整えながら体の分泌物を毛に付ける役割もあり、ストレス発散にもつながっています。

このグルーミングで舐めた毛は便と一緒に排泄されますが、胃の中で丸く固まり吐き出されることもあります。

また、猫の毛は大変軽く、すぐに部屋の外へ飛んでしまいます。

部屋の中でマーキングをされない為にも、躾けを行う事が大切です。

自分の縄張りであることを示す為に、体から出る分泌物のにおいをつける行為をマーキングと読んでいます。

マーキングには、頬やお尻を尖ったものにこすりつける、爪研ぎ、尿マーキングがあります。

マーキングは本能の一つですから、やめさせるわけにはいきません。

しかし、爪研ぎで家具が傷付けられることもありますし、尿スプレーは普通の尿より臭いため問題になることもあります。

いつも尿スプレーをする場所に棒を差しておくと、猫はそれにお尻をこすりつけ満足しますし、爪研ぎをする場所に棒を差しておけば頬をこすりつけ、それで満足します。

叱るのではなく、上手に代替えさせるようにしましょう。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。