HOME >> 段ボールを着たねこ >> ネコがすき

ネコがすき

ネコがすき

猫は段ボール箱や袋やバッグ、家具のすき間など、狭いところに潜り込むのが大好きです。

これは、猫が野生だったころ、獲物に見つからず敵にも襲われないように、木や茂みなど、潜り込める場所を見つけてすみかや寝床にしていたことの名残です。

猫は好奇心も旺盛なので、箱や袋を見つけるとまずは「のぞいてみよう」と思い、そのうち「入ってみよう」「寝てみよう」と言った具合に、その中で落ち着いてしまうようです。

猫は群れを作らず、単独行動を好む動物です。

ホームエリアやハンティングエリアを持ち、マーキングをして自分の存在を示します。

後から来た猫はすでに他の猫の縄張りだと知ると、他のエリアに移り、明確な順位より縄張りを尊重するのがルールです。

また、部屋の中だけで暮らしている猫は行動範囲が制限されると心配しがちですが、飼い主が猫にとって快適に暮らせる環境を作る事ができれば、居心地よく暮らすことは可能です。

段ボールを活用する事で、野生の状態を室内に作って上げることもできます。

例えば、木登りや高いところが好きなネコにネコタワーなどは良いかもしれません。

市販の猫用タワーもありますが、再利用する事で環境にも優しく、また、壊れてしまった場合には、作り直してあげる事もできる、段ボールタワーは猫の大切な遊び道具です。

または、段ボール箱の横に手が出せる穴、体が通る穴などを開けて、遊ばせる事もストレスが発散されます。

段ボールの中で眠れるようにタオルを敷いて挙げるのも良いかもしれません。

段ボール箱で遊んでいる内に壊れてきます。

しかし、壊れても良い遊び道具などを用意することで、家具に傷を付けるようなこともなくなります。

フローリングの部屋の床がキズから守る意味も含め、新聞紙を置いておくと走って新聞紙の上に乗って滑って遊んだりもしますので、あなたが外出すると猫もさびしがりですので、遊び道具を置いておくようにしておけば、良い子に留守番をしている事と思います。


段ボールを着たねこは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールとネコとの関係や、ねこの習性、段ボールの特質等を詳しくお話しています。